現在、自宅でフリーランス・自営業をやっているが、最近仕事が少しずつ減ってきている…

ここ最近までは安定していて食べていけたのだけれど、少し風向きが変わってきたので、今後のやり方はどうしたら良いだろうか?

そんなフリーランスや自営業で食えなくなった場合の「就職」「転職」についての考え方をご紹介いたします。

 

フリーランスや自営業で食えなくなった場合の対処法

  • 取引先経由でお仕事を貰う
  • アルバイトをしてみる
  • クラウドソーシングを使って食つなぐ
  • 就職をする

まず、フリーランスや自営業だけでは不安だと感じた場合、どのような仕事にシフトしていけば良いのでしょうか?

取引先経由でお仕事を貰う

フリーランスや自営業の場合、「現在、仕事を貰っている会社」もしくは「仕事を依頼している会社」と関係性があると思います。

そこで今の仕事の関係者にお仕事を貰うというのが1番やりやすい方法ではないでしょうか?

人間関係の構築が出来ているので、まず仕事を貰える可能性が高いですし、仕事の内部が見やすいので、スキルを盗むこともできます。

確かに頼みにくいというものありますが、今後もフリーランスを続けていくのであれば、

  • 自分から仕事を取りに行く
  • 自分で情報を発信していく

ということができないのであれば、フリーランスは向いていません。

お仕事を貰うことができるなら積極的にもらっていきましょう。

もし、エンジニアであるなら、お仕事を募集しているサイトがありますので登録して仕事をガンガン貰ったほうがいいです。

フリーランス向け!高額×エンドユーザー直案件なら、【エンジニアファクトリー】

アウトソーシングを使って食いつなぐ

取引先経由で仕事をもらう以外では、「アウトソーシング(外注)」で収入を増やす方法があります。

インターネットだと「ランサーズ」「クラウドワークス」などのアウトソーシングサイトがあり、簡単に仕事を依頼できるので良いですよね。

ブログライターの方であれば、今ある資金で外注を増やし、サイトを増やしていくと収入が増えます。

また、プログラマーの方であれば、今の仕事を外注のプログラマーにやってもらい、新たな事業に参入することもできるようになります。

参入時期は仕事が安定しないので、少しでも収入を安定させ、スキルを身に付けるためにアウトソーシングを使うのはメリットが大きいです。

アルバイトをしてみる

「今の仕事が安定しないので、少しでも安定した仕事を持って落ち着きたい。」

そういう方はアルバイトから始めると良いかもしれません。

アルバイトと言っても、長期・短期・日雇い・ネットバイト(SOHO)などいくつかあります。

夜が暇なのであれば、夜のコンビニバイトや警備の仕事などありますし、都心部の方であれば1日限定のイベントアルバイトなども可能です。

家から離れたくない場合も、ネットバイト(SOHO)としてランサーズ・クラウドワークスで仕事を貰うことができます。

月3万円ぐらいの収入を複数持つというのも安心感が増します。

就職をする

フリーランスや自営業が安定しないと「1度就職したほうが良いのでは?」と思うことも出てくると思います。

また、新たに参入してみたい業界が出てきた場合、就職をするのが1番収入が安定するので家族や親戚にも安心感を与えることができますよね?

就職の良いところは「人間関係が作りやすい」ことなので、その業界の情報が早く集まり、早くスキルを身につけられます。

ただ、「転

職」という形になるので、「転職活動をどうやっていこうか?」と気になってしまうかと思います。

しかしながら、すでにフリーランスや自営業でのスキルがあるので、“実践力”が評価されやすく、職歴なしの方や現在フリーターの方よりも就職しやすいのは間違いありません。

フリーランスや自営業が追い込まれると正確な判断ができなくなる

フリーランスや自営業の良いところは「自分で何でも管理できる」ということです。

しかし、逆にそれは「全て自分で正確な判断をしないといけない」ということになります。

それが噛み合わない時に現在陥っている方もいるかもしれませんが「収入が減る」「業界の将来に不安が出てくる」ということが出てきます。

これは毎月必ず給料を貰える会社員とは大きく違う点です。

さらにフリーランスや自営業で道を踏み間違えると、借金を増やしてしまったり、ネットワークビジネスなどの変な勧誘に騙されやすくなります。

私の知り合いでも、フリーランスで徐々に収益が落ちていった結果、ネットワークビジネスやインターネットビジネスのねずみ講にズブズブとハマっていき、どんどんお金を搾り取られていった人を
知っています。

「ネズミ講に引っかかるなんて馬鹿だなぁ」とあなたは思うかもしれませんが、いざ精神的に弱る正常な判断ができなくなります。

会社のように「精神的に弱っていても、とりあえずクビにされなければお金の保証はされる」という安心感が一切ないですから

精神的に弱っているときほど

  • 楽に稼げる
  • すぐに結果が出る

といったキーワードには気を付けてください。

フリーランスや自営業の方は「スキル」を生かせばいくらでも就職口はある

「フリーランスは稼げなくなったらおしまい」

そう考えている方も多いかもしれません。

むしろ逆ですね。

フリーランスのスキルを欲している方は非常に多いです。

今までフリーランスとして食いつないできた方はそれなりのスキルを持っているはずです。

大手の企業だとフリーランスは「社会不適合者」ということで弾かれてしまいますが、

渋谷近辺のスタートアップ界隈では「フリーランスで技術のある方をいくら出してでも引っ張り抜きたい」とおっしゃる方が多いです。

一部のベンチャー界隈では、「結果さえ残せれば社会不適合者であろうと関係ない」というスタンスで採用している会社も多いので、就職に関してはスキルさえあれば絶対できます。

転職エージェントを使うべし

フリーランスや自営業の方が「就職」や「転職」を考える場合、スキルがあるので「転職エージェント」から始めることをおすすめします。

転職エージェントとは人事(エージェント)の方が個人と企業の間を取り持ってくれる“転職トータルサポート”サービスです。

また、転職エージェントは企業から「月額」または「採用者の推定収入の約3割」のマージンが貰えるため、大企業やホワイト中小企業が力を入れています。

では、それぞれどのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか?

<転職エージェントのメリット>

  • 転職ながら「スキルを活かせる仕事」が探しやすい
  • 大企業やホワイト中小企業との年収・待遇交渉が間接的にできる
  • スキルや即戦力がある方は「面接から入社までのサポート」が無料
  • ハロワや求人サイトにはない「穴場企業」を紹介してもらえる
  • ブラック企業に騙されずに済む

<転職エージェントのデメリット>

  • 人事の方が受かりやすい企業を進めてくる
  • 交渉ベタだと自分のタイミングがつかみにくい

転職エージェントはデメリットが少なく「人事の方と合わない場合にペースを乱される」という事以外はほとんどデメリットがありません。

一方、メリットとしては「穴場企業」や「年収・待遇交渉」などが可能になるサービスなので、フリーランスや自営業の方にピッタリの就活サイトと言えます。

「自分は就職すべきなのか?」という判断にために1度登録してみるのもありだと思いますよ。

まとめ

フリーランスや自営業の方にとって、必ず付きまとってくるのが「仕事が安定しない」「仕事ゼロになる可能性がある」ということです。

そして、スキルや実戦経験がある分「不安定な時期の今、何をやろうか?」と選択肢がある分迷ってしまいます。

その際、また戻ってくるのを前提にして「安定のある同じ業界に就職する」というのが、家族や自分を安心される最も良い方法になります。

それをしながら、副業として今の事業、アルバイトやアウトソーシングをやっていくと次の事業を始めやすく、気持ちも落ち着かせやすいので良いと思いますよ。

→フリーター向け就職エージェント徹底比較!おすすめはこれだ!