フリーターをしながらアルバイトをしている方を「アルバイター」と言います。

そのアルバイターの方は現在、派遣社員などにならずにそのままアルバイトを続けることが多くなっているようです。

では、そんなアルバイターの方が派遣社員になるとどんなメリット・デメリットがあるのでしょうか?

 

派遣社員になるメリットとデメリット

アルバイターの方がいきなり正社員になるのはどうしても「敷居が高い」と感じてしまいます。

就職活動に失敗した方が多いので、その流れで挫折してしまう方は多いです。

しかしながら、派遣社員になるのは本当に難しいのでしょうか?

まずは派遣社員になるメリット・デメリットをご紹介いたします。

<派遣社員になるメリット>

  • ◯アルバイトよりも給料が約2倍高い
  • ◯サービス残業がほとんどない
  • ◯失業保険が受けられる(1ヶ月以上の雇用の場合)
  • ◯正社員では厳しい大手企業にも就職できることがある
  • ◯スキルが高い方は正社員になる道も開ける

派遣社員はアルバイターとは異なる事が多く、大きく給料面で違いがあります。

アルバイターの平均年収は200万円以下と言われており、時給700円~900円で計算をすると「約135万円」で月収11万円。

参考:平均年収.jp

一方、派遣社員の平均年収は328万円(正社員は513万円)で月収だと平均27万円、アルバイターよりも2倍以上の給料を貰っていることになります。

また、派遣社員には正社員のように「失業保険」が受けられますね。

派遣社員の失業保険の給付日数(自己都合)

1年以上10年未満 10年以上20年未満 20年以上
給付日数 90日 120日 150日

※自己都合で1年未満の方は失業保険を受け取ることができません

自己都合で辞めた場合でも「契約満了」で辞めることで“制限なし”で失業保険を受け取ることができます。

例えば、30歳未満の方が月収27万円(1日9000円)で1年以上の勤務の場合、「90日間5502円(合計49万5217円)が支給されるなどです。

「会社都合での途中退職」の場合、細かく受給額が異なる(増える場合が多い)ので、その場合は退職後にハローワーク(ハロワ)で直接確認をしましょう。

<派遣社員になるデメリット>

  • ●給与が「交通費込み」の場合が多い
  • ●契約期間が「1ヶ月~1年」なので、仕事が安定しない
  • ●正社員よりも有給休暇が少ない
  • ●ローンや融資の審査が厳しい

派遣社員にももちろんデメリットが有り、多くは正社員よりも良い待遇が受けられないことです。

例えば「給料が交通費込み」や「有給休暇が正社員よりも少ない」などがあります。

これは契約書に書かれていることですが、自分で聞かないと教えてもらえない事もあるので、契約書を確認させて下さいと上司に言うと見せてもらえます。

「副業が出来るかどうか?」などもこの時に分かることも多いです。

そんな待遇が少ない派遣社員ですが、アルバイターよりは給料は高く、ローンや融資の際にも信用されやすいのは事実です。

 20代中盤まではアルバイターでも良いが・・・

20代中盤まではアルバイターとして働いてもそれほど普通の生活には支障がないが、20代後半になってしまったら正社員が無理な場合、派遣社員でもいいから一度は会社で社員として働いたほうがいいと理由を付けたうえで、言い切って欲しいです。

アルバイター(フリーター)の定義ですが、年齢が「15歳~34歳」の方を指します。

それ以上の年齢の方の多くがアルバイトをやっていますが、徐々に「深夜のアルバイト」や「短期のアルバイト」が多くなってくるようです。

これは体力面でやはり10代・20代に劣るため、単純にアルバイトに受かりにくいことが原因となります。

そうなってから「そろそろ派遣社員になろうかな?」というのは少し遅く、正社員や派遣社員に至っては「29歳未満」と「29歳以上」で年齢制限を作っている所が多いです。

これは「公務員試験」を受けられる年齢制限であり、それを一般の会社の多くが採用しているとのこと。

ですので、早ければ早いほど契約社員に受かりやすく、それ以上の年齢になると「スキル」「即戦力」がより強く求められるので注意が必要です。

まとめ

アルバイターから契約社員になるメリットは意外にも多くあり、正社員よりもフットワークが軽く、アルバイターよりも高く安定した給料を貰うことができます。

また、副業可能な会社であれば上手くやればフリーランスを併用して「正社員よりも稼げる」などもできます。

ですので、上手く「失業保険」などを使いながら、仕事が安定しない分をお金で補えるようになります。

夢を追いながらアルバイターを続けるという選択肢も間違いではありませんが、「契約社員を続けながら夢を追う」というのもアリですね。

特に20代後半、30代以上になっている方は契約社員という選択肢を考える時期にあるので、ハロワや求人サイトなどで探し始めてみると良いかもしれませんよ。

→フリーター向け就職エージェント徹底比較!おすすめはこれだ!