フリーター女は就職せずに結婚すれば将来安泰なのか??

女性の場合、男性よりも“就職”に関するプレッシャーは少ないので、フリーターを続けている20代・30代の方も多いのではないでしょうか?

そんなフリーター女が就職せずに結婚する場合、どんな考え方を持っておく必要があるのでしょうか?

これを知っておくことで、フリーターという働き方を見直すきっかけ、就職や結婚などの将来設計を見直すきっかけになります。

では、女性にとって就職を今後どのように捉えていく必要があるのでしょうか?

正社員の夫と結婚=安泰という図式はまず成り立たない

フリーターの女性も職場によっては男性との出会いが多く、その中で正社員の彼氏ができるという事もあるかと思います。

しかし、仮に正社員の男性と結婚した場合でも、将来安泰という図式は成り立たなくなっています。なぜでしょうか?

夫が病気などで「クビ」になるリスクがある

現在、サラリーマンの平均年収は男性が511万円、女性が272万円と言われています。

大体、女性の2倍以上の年収になりますね。

しかし、その年収もほぼ1日中働いていることから得られるもので、1日の平均労働時間は9.1時間。

また、平均残業時間は月75時間以上で1ヶ月20日勤務として、毎日3.75時間の残業(21時頃勤務終了)をして21時~23時頃の帰宅。

参考:VORKERS

ほぼ1日中働いているため、仮に旦那さんが病気になり「クビ」になった時に何もしていない状態だと食べていけなくなります。

最悪、離婚になってすでにアラフォー、アラフィフだったという可能性もあるので、注意が必要です。

不仲になった時、離婚できない

現在の日本では「結婚している方の3人に1人が離婚」すると言われています。

しかし、これは正しいデータではなく2015年度の「婚約した件数」と「離婚した件数」が単純に「3対1」ということのようです。

別の調査では「30~34歳の女性の離婚率が高い」ようで、理由として「初婚年齢の平均が29歳で、5年以内に離婚する方が多い」とのこと。

参考:日本で一番離婚率が高い世代は30代 特に30~34歳の女性が最多

夫婦仲が悪くなった場合、フリーター女性は相手に不満を持っていても、1人で食べていく力がないので離婚ができません。

発言権が全くないわけではないですが「離婚したくても離婚できない険悪ムード」が続いてしまう可能性が高いです。

一度は正社員を経験しておいた方がいい理由とは??」でも書きましたが、フリーターのまま結婚するのではなく、一度働いてみてから結婚しても遅くはないですよ。

専業主婦を許してくれる夫はまだ少ない

専業主婦を許す男性はそんなに多いわけではありません。

例えば夫が年収1000万越えのスーパーリッチマンだったら、あなたは専業主婦でもさほど問題ないでしょう。

が、現実はそんなこと稀です。

世の中の平均年収はせいぜい300万~400万円程度です。

そうなったらいずれ共働きをしなければならなかったり、パートに出る必要があります。

その際に、もし正社員経験がなかったらそれだけで超ディスアドバンテージなのは間違いありません

フリーターは正社員よりも結婚しにくい

そもそもフリーター女性の場合、正社員よりも結婚しにくいというデータがあります。

こちらは「結婚直前の女性の就業形態」に関するものです。

あるイベント参加者のデータではありますが、半数以上が「正社員」であることが分かりますね。

参考:内閣府男女共同参画局

さらに、「フリーター女性は結婚したくてもできない」というデータもあります。

フリーター男性の方がより顕著ですが、フリーター女性も収入面で不安などから、なかなか結婚に踏み出せないようです。

そりゃそうでしょう。

フリーターの状態で結婚してしまったらもう間違いなくいばらの道。

それを覚悟でならいいでしょう。

茨の道、それもまた一つの人生です。

止めることはありません。

ちょっとした裏話:金のある男を捕まえるにはどうすればいい??

で、ここでちょっとした裏話を書きます。

あなたは一生仕事せず専業主婦として働きたいと心の底から思っていると思います。

その気持ちは非常によくわかります。

しかし、だからこそ、あなたは正社員で働いて結婚相手を見つけたほうがいいです。

理由は2つ。

理由①:正社員の男性を職場恋愛で捕まえることができる

正社員としてちゃんとお金を稼いでいる男性は、どこにいるのかというと会社にいます。

そう、正社員の男性を職場恋愛で捕まえるのです。

貴方の容姿と性格がそれなりに良ければ、それなりの男を捕まえて専業主婦ライフをおくることも十分可能ですよね。

理由②:正社員の男性はフリーター女とまず結婚しない

一般的には「女性が金を稼いでくれる正社員のしっかりとした男性を探す」という構図が当てはまりますが、実は逆も当てはまります。

それなりにしっかりした考えを持つ男性は、フリーターの女性と付き合う確率は低いです。

これは勝手な想像で書いたものではなく事実です。

参考:【男性に質問】 フリーターの女性と結婚したいと思いますか?

教えてgooの質問集ですが、フリーターの女性とは極力結婚したくないという人は、一定の割合で存在します。

理由があってのフリーターで教養があるなら話が別ですが、根っからの引きこもり気質である場合フリーターのままで結婚するのは難しいですね。

1年で辞めるつもりで会社に入って、正社員の男性をとっ捕まえるのが専業主婦になる効率的な方法の一つだと思います。

まとめ

「フリーター女」というテーマで結婚についてのデータをご紹介してきましたが、何も考えずに結婚してしまうのは危ないです。

なぜなら、よく言われている話ではありますが、現代においてフリーターの女性を支持する男性は少なく、「出会い」でも正社員の方が多い傾向にあるからです。

また、仮にフリーターで結婚できたとしても「離婚」の可能性がありますので、その時に子供がいる(親権持ち)の場合は特に、アルバイトだけで生活していくのは困難になります。

まだ20代や30代前半という女性の方であれば、リスク軽減とスキル取得のためにも1度就職をすることを考える時期にありそうですね。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ