「フリーターはクズ」

「正社員じゃなきゃダメ!」

世間にはこういった固定概念的な考え方が多くの人に浸透しています。

実際、フリーターに対する世間の声(両親・親戚・友人など)は非常い厳しく、嫌味を言われたり、無言のプレッシャーが来る方が多いようです。

そこで、なぜ「正社員じゃなければダメ」「フリーターはクズ」という風潮があるのか徹底的に考察してみました。

何故、フリーターはダメという風潮があるのか??

まず結論からいうと、何故フリーターに対して「ダメ人間」「クズ人間」という風潮があるのかというと、日本には働かざる者、食うべからずという意識があるからです。

これは日本の洗脳みたいなもんで、「働いて汗をかいて自分でお金を稼がなければいけない」という強迫観念があるのです。

私、ケセラセラの意見としてはこれはおかしいと思っており、「自分が苦しいから、あなたも苦しい思いをしなければいけない」という意図を感じます。

日本人は苦労や労働を美徳とし過ぎているわけですね。

よってフリーターの状態でいると親戚や友人から様々なプレッシャーを受けます。

「フリーターはクズ」という意見を持つ方の意見

ここで「フリーターはクズ」という一般常識に対するツイッターを利用する方々の意見を集めてみました。

ツイッターを見る限りはフリーターに対する罵声、フリーターである状況の自分に対する自己否定のつぶやきが多く見られました。

やはりフリーターは社会的なイメージはかなり悪いですね。

別にフリーターでもいいと思うが世間の目に耐えられないなら働くのも悪くないと思う

私の意見としては「何をしたいのかわからない」という状態であればとりあえず働いたほうがいいとは思っていますが、中には「本当に働きたくない」という方も結構います。

働くのが怖い!社会復帰するためにやるべきことは??」で書いたように、過去に大きなトラウマを負ってしまったために働くことができない人もいます。

そういう人は別に無理して働かなくてもいいと思ってますし、やりたいことがあるのならば好きなことをすればいいと思っています。

ただ、私はフリーターを否定しませんが、世間は否定をします。

これは間違いありません。

フリーターの状態でいると親戚や家族からは「早く働きなさいよ!」と、愚痴のようなものが飛んできて、友達は少しずつ離れていくケースが多いです。

つまりフリーターでいることは友達を失ったり、第3者からプレッシャーをかけられるリスクが非常に高いのです。

世間の目に耐えられるのであればフリーターでも構わないのではないかと思いますが、こういったプレッシャーのせいで自分の殻に閉じこもるようになってしまうのであれば働くのも悪くはないと思いますね。

もちろん、働くのが怖いのであれば徐々に徐々にできることからはじめていくことをおすすめします。

まずはバイトからでもよい

もし現在フリーターの方で「今何をすればいいか分からない」「将来が不安」という20代後半~30代前半の方ならばまずはバイトから始めてはどうでしょうか?

数か月、あるいは数年間週5で働く生活をしていない状態でいきなり正社員になっても働くのは難しいかと思います。

そこでまずは「ハードルを下げてみる」という考え方をおすすめします。

これは私が何か物事を継続する際に必ず取り入れている考え方なのですが、いきなり大きいことや自分にとってハードルが高いことに取り組むのは挫折しやすいです。

なので、ハードルを極端に下げて「まずはバイトから」あるいは「契約社員から」でいいのではないでしょうか?

そこで働くことに慣れてから「正社員を目指す」という選択をとってみればいいのではないでしょうか?

まとめ

フリーターは働く人の中で「全体の約8%」という少数派であることから、まだまだ「フリーターはクズ」という風潮にあります。

また働かざるもの食うべからずという意識が少なからず日本にはあるため、フリーターでいると周りの人間にたたかれやすくなります。

私としてはフリーターでも何にも悪いとは思いませんが、世間の目は厳しいです。

もし世間の目に耐えられないのであればまずはハードルを下げてバイトから始めてみて、その後しっかりと就職すれば良いのではないでしょうか?

→フリーター向け就職エージェント徹底比較!おすすめはこれだ!