YUUKI150321200I9A4368_TP_V

こうして税金で悩んでいるフリーターの皆さんは非常に多いですね。

正社員の人だと税金関係は会社の方で全て処理してくれるので心配しなくても大丈夫ですが、フリーターの人は税金関係も全て自分で処理しなければいけません。

そこで今回はフリーターにかかる税金は一体どれくらいなのか説明したいと思います。

フリーターが支払わなければいけない4つの税金とは??

フリーターが支払わなければならない税金は大きく分けて4つあります。

  • 所得税
  • 住民税
  • 年金
  • 国民健康保険

所得税

所得税は自分の稼いだお金の額に応じて国に税金を収めなければいけません。

アルバイトをしている人は源泉徴収で月の給料から引かれているのが所得税となります。

所得税は1年間のうちに貰った給料から交通費や必要な経費を引いた額に応じて払う税金となっています。

フリーターなら誰でも支払わなければいけないというわけではなく、月収が8万8,000円未満で年間収入が103万円を超えることがなければ確定申告さえすればお金が戻ってきます。

そして非常に難しいラインなのですが、年収が103万円以下の場合は所得税が0円で済みますが、103万円から1円でも超えてしまったら所得税が発生してしまいます。

103万1円~130万円までは所得税は1万3,500円かかってしまいます。

そして年収が130万1円~141万円までは1万9,000円の所得税を支払う必要があるのです。

103万1円でも130万円でも同じ税率を支払わなければいけないので、もし103万円を超える場合は130万円近く稼いだ方がマイナスが少なくて済みますよ。

ちなみに確定申告がよく分からないと言う人もいるかと思うので少し説明をしますね。

確定申告はフリーターでも1箇所の職場で働いている人で年末調整を職場でしてくれている人はすでに確定申告をしてくれているので自分で処理をする必要はありません。

しかし2箇所以上で掛け持ちをして働いていてなおかつ全ての合計金額が20万円を超える場合は自分で確定申告をする必要があります。

課税される所得金額 税額
103万円未満 無税
103万~130万円 1万3500円
130万円~141万円 1万9000円
141万円~ 1万9000円

参考: 扶養控除・税金・保険で損しないバイト計画!PART2

住民税

住民税は自分が住んでいる自治体に納めるお金のことで前の年の所得によって支払う金額が変わってきます。

また住んでいる場所によって住民税を支払わなくても良いラインは違います。

大体年収が95万円~100万円の間で支払うかどうかが決まってきます。

自治体で違うので各ホームページで確認をしてみましょう。

ちなみにもしフリーターで働いていて無職になった場合も、前年の所得で住民税は支払わなければいけないので、今収入がなくても税金は絶対に支払わなければいけないのです。

よく覚えておきましょう。

課税される住民税 税額
103万円未満 ~1万円
103万~130万円 3万7000円
130万円~141万円 4万8000円
141万円~ 4万8000円

 

*正確には地方自治体によって異なりますので気を付けてください。

国民年金

年金は20歳になると必ず支払わなければいけない税金です。

今支払うことで65歳を過ぎた時にお金を貰えることになります。

ちなみに平成26年度での国民年金の支払額は1ヶ月1万5,250円でまとめ払いをすると割引となり17万9,160円で支払いが済みます。

と言ってもフリーターの皆さんはなかなか支払うことが大変で免除申請を出して支払いをストップしている人もたくさんいますね。

フリーターで1人暮らしをしている人は年収が130万円以内なら申請を市役所ですると全額免除となります。

収入が低いと支払うことが大変なので、市役所へ行って相談することをお勧めします。

年金を免除すると貰える年金は半分等に下がってしまいます。

年金を将来的に欲しいと感じている人は早めに免除をやめて年金を支払えるように努力しましょう。

ちなみに年金は将来何か障害を負った時に障害年金としても貰うことができるのでぜひ支払っておきたい税金ですね。

国民年金 税額
103万円未満 18万7000円
103万~130万円 18万7000円
130万円~141万円 18万7000円
141万円~ 18万7000円

国民健康保険

国民健康保険は自治体で金額が違います。

保険料が安いと月に支払う額は2,000円で済みますが、高い場所だと1万3,000円程度支払わなければいけません。

社会保険等にアルバイト先で加入している場合は国民健康保険に入る必要はないのですが、もし何も加入していなかったら国民健康保険に加入する必要がありますね。

健康保険は入っていないと病院を受診した時に全額負担となってしまいます。

かなり高い額を支払わなければいけなくなるのでぜひ入っておきたい保険と税金ですね。

しかし総所得が103万円以下の場合は、親の扶養に入ることができます。

親の扶養に入る場合は健康保険料を支払う必要はありません。

国民健康保険は先程も話したように高い自治体は高額なので、ぜひ一度各自治体で確認をしてみてください。

フリーターの人でも支払わなければいけない税金がたくさんあります。

収入にもよりますが、賢く働かないと税金をたくさんとられて自分には何も残らないと言う事態に陥ってしまいます。

フリーターの皆さんは支払う税金がどれくらいかをよく計算して知っておきましょう。

国民健康保険 税額
103万円未満 0円
103万~130万円 0円
130万円~141万円 7万1000円
141万円~ 8万2000円

年間合計いくらの税金がかかるのか??

ここで結局年間、いくらの税金がかかるのか収入別で計算してみました。

合計 税額
103万円未満 8万2000円
103万~130万円 16万6500円
130万円~141万円 23万7500円
141万円~ 33万6000円

年収が103万円以下のフリーターは親の控除があるので、実際にかかる国民年金の負担が11万5000円分軽減されます。

しかし、103万円を超え始めた瞬間に一気に税金が増えます。

果たして年収150万円のフリーターは生活できるのか??

ここで疑問なのが月にだいたい10万~15万円をアルバイトで稼ぐフリーターは生活していけるのか??

という話をしたいと思います。

月に10万~15万としたら、大体、年収的には150万円前後になります。

上記の通り年収140万円~のフリーターは税金が年間33万6000円程度かかってきます。

つまり、実際に手取りで受け取る金額は116万4000円になるということです。

手取り年収116万4000円のフリーターは月の手取りに換算するとおよそ97000円です。

「え??生活するのきつくね??」

と思ったあなた、正しいです。

めちゃくちゃキツイです。

テレビの特集などで頻繁に夢を追って上京し、ボロアパートで生活する若者を放映していますが、まさにあのような生活になります。

普通の一人暮らしはまず難しく、家賃は2~3万円程度ボロアパートでゴキブリと同居生活し、食事は当然節約メニュー。

もやしとお米中心の生活はまず不可避で、当然、外食へ行くなんて贅沢中の贅沢。

人付き合いも可能な限り断り、タバコもエコーなどの安タバコに酒もボトルの格安焼酎で我慢しなければすぐ貯金が尽きてしまうような状況でしょう。

まさにこのギリギリの生活は膨れ上がった風船のようなもので、けがや病気などで医者にかかるようなもんなら一気に追い込まれてしまいます。

つまり何が言いたいかというと、フリーターで収入が少なくても容赦なく税金はかかってくるので、覚悟したほうがいいです。

生活苦、ギリギリな毎日を打破するためには??

まだあなたが20代であれば間に合います。

早めに就職したほうがいいでしょう。

仮に社会人経験なし、高校大学中退でも、雇ってくれる会社はあります。

フリーター専門の転職エージェントであるハタラクティブや求人案件を100000件抱えているDODAならフリーターでも非ブラック企業に就職できる可能性は高いです。

ハタラクティブは既卒、フリーター向けの転職エージェントとなっており、フリーターの就職ノウハウについて精通しています。
また、既卒に特化しているにもかかわらず、ハタラクティブ経由での就職先の半分が上場企業という優良転職エージェントです。

ハタラクティブの公式HPはこちら

DODAは非公開案件を多数抱えた転職エージェント。

フリーターや第2新卒からまで対応している。

また業界最大数の求人(全国100000件)があるため、今の自分の身の丈に合った企業から年収の高い大企業まで
様々な求人をそろえているのが特徴です。

DODAの公式サイトはこちら

DODA限定の求人も多く抱えている。

当サイトではまずは一度転職エージェントに相談してから就職活動をすることをオススメしています。

まとめ

上記で書いた通り、例え稼ぎが低いフリーターに対しても国は容赦なく税金を課してきます。

バイトで稼いだ金額をそのまま使えるわけではないので、税金を踏まえた上での生活水準にしましょう。

テストマン