tensyoku

「40代で会社を辞めるとか人生お終いだろ・・・」

「家のローンがまだ残っているのに・・・」

「息子はまだ中学生でこれから高校、大学とお金がかかるのにこんなところで・・・」

「でも会社辞めたい。俺が管理職なのをいいことにどうせ辞めないだろうと高をくくって安い給料でこき使いやがる。会社のクソ野郎が」

などなど40代になると部下、上司、家庭の板挟みに合い、精神的にも肉体的にも毎日が戦いになります。
それだけでなく体にだんだんガタが来ます。

しかも役職が付くから責任感も今まで以上に増しますし、会社も容赦なく仕事を振ってきます。

もしこれで会社の仕事が明らかに自分に合わないものであれば、頭がハゲそうになりますよね。。。
今回は40代だけど会社を辞めるという選択はアリなのかどうか、というテーマで書きました。

 

当たり前だけど、20代~30代前半の若手と比較したら間違いなく不利

前提20代の若手が転職活動をした際の前職、学歴、スペックなどにもよりますが、通過率は20~30%と言われています。
しかし40代での転職は通過率5%くらいだと思っておいたほうがいいです。

履歴書を送ったり、転職サイト経由で応募しても10回送って通過するのは1回~2回がいいところです。
基本的には若手の連中と比較したら間違いなく不利ですし、確実に苦労はすることは理解したほうがいいでしょう。

 

高確率で給料が下がる

気を付けてほしいのが「40代での転職は高確率で給料が下がる」ということです。
考えてみたら当たり前で高年齢の方が何故、給料が高いのかというと、その会社で通用する知識、人間関係、技能を付けてきたからです。
当然、ある程度体が動くまでは、良い給料を上げるのが当たり前なのです。

しかし、40代で転職してしまったら、転職先での「価値」は当然ながら前の職場で働いていた時より下がるはずです。
つまり年収は高確率で下がります。

考えてみたらわかると思いますが、当然、40代の人と20代の若者どちらを今後育てていきたいか考えると、間違いなく後者です。

 

ただし、特殊なスキルを持っている場合は別

ただし、特殊なスキルを持っている場合は別です。
その業界に通用するスキルを持っていてそのスキルそのものの希少価値が高い場合、給料が下がるかもしれないし、上がるかもしれないし、同じくらいかもしれません。
こればかりはその企業がそのスキルを持っている方をどれだけ強く欲しているのかによります。
運次第ということですね。

 

起業はあり??

中には、会社を辞めて起業をするという選択肢を持っている方も多いかもしれません。
今現在は、インターネットが発達しているためアフィリエイトといったスモールビジネスやネットショップなどを開業することができます。

しかし、いきなり退職して起業に取り掛かって数カ月で上手くいくようなものではありません。
1年間365日ひたすら目の前の作業に集中して1~2年後にようやく黒字になるかならないかというのが一般的な起業です。

起業を考えているのであるならば、在職中に副業として取り組んである程度形が見えたら退職という形がベストです。
副業と取り組む場合、時間がありませんから2年程度はかかります。あらゆることを犠牲にして取り組むことになりますが
起業って楽なものではないですから、自分で時間を作って取り組んでみる価値はあります。

そう簡単にいくものではないですが、現在は昔の起業のイメージとは異なり、比較的に簡単にはなりました。
何度も言うとおり、楽ではないですが。

 

転職の平均年齢は毎年上がっている

一般には「転職できる年齢の限界が35歳」と言われています。
しかし、その常識は過去のものとなりつつあります。
2007年ごろまでは「転職」は第2新卒中心でした。大学卒業後、3~5年程度働いて転職した層をターゲットに自社で育てていくという方針でした。

しかし、2008年ごろからインターネット、特にスマホの普及によるグローバル社会になり、事業展開のスピードが早くなっていったこともあり
今までよりも即戦力に特化した採用をするようになりました。

そのため、スキルが身についていない若手よりも技術が身についている30代~40代くらいの年齢の人材も会社は欲するようになってきました。

また、それだけでなく少子高齢化により転職者の年齢も上がっていくようになりました。

 

実は約4人に1人は35歳以上の転職!?

 

ten

引用:DODA

上記のこともあり、意外にも4人に1人は35歳以上の転職となっています。
10年前がたったの10%だったのでなんと15%近くも伸びたことになります。

 

技術があれば比較的転職は楽になる!

ただし、全ての人が確実に転職できるわけではありません。
年齢問わず、企業から必要とされる人材になるために、今の会社でのみ通用するスキルではなく、色んな企業で使える専門性や強みを持つとより有利になります。

企業によっては上記で書いたように、長く勤めてゆっくり育てていく20代の若手よりも
30~40代の貴重な技術を持っている技術者を欲しているところもあります。

また、40歳以上だと、人によっては前職で役職についていたり、大手企業に勤めていたプライドがあるかもしれません。
転職活動の際、そのプライドが垣間見れてしまったら、印象が最悪です。

面接は謙虚に、その時々に合わせて柔軟にこなしていく意識を持つといいと思います。

40歳以上は、転職活動をするなら在職中がベスト

当然、40歳以上の転職は楽ではないです。

どうしてもストレスでダメになりそうで、辞めなければストレスで精神的におかしくなりそうという状況であれば、それは絶対に今すぐ辞めることを
強くお勧めしますが、そうでないのなら転職活動は在職中に行うことをおすすめします

特に、退職して収入があまりない場合(共働きの場合はそんなに問題はないですが)ジワジワと貯金が減っていくので精神的に辛いです。

貯金が減ることによって焦るようになってしまうので、結果的に転職活動にも焦りが出ます。

そういうときは「早く内定をもらいたい」という気持ちが前面に出てしまうため、決まって良い結果がでにくいです。

それに、在職中に転職活動をすることによって、転職する厳しさ、実は隣の芝が青く見えていただけだってわかるなんてこと意外とあるもんです。
転職活動をきっかけに自社の良さに気が付いて、そのまま定年退職まで働いていこうという考えに変わることだって大いにあるわけです。

 

40代の転職活動はどれくらい時間がかかるのか??

当然ですが、40代の転職活動は相当時間を使います。
履歴書の通過率も5%以下だと考えておいたほうがいいです。

当然、10社~20社程度の応募で自分が勤めたい企業に内定が出るかというと全くそんなことありません。
1桁違います。

100社~200社は覚悟しておいたほうがいいでしょう。

この年齢での転職活動をするなら自分の趣味の時間、ほんの少しの暇な時間、いつもテレビを見ていた時間、そういう時間を徹底的に省いて
何十時間、あるいは何百時間もじっくり時間をかけて1年、あるいは2年のスパンで転職活動をしていくことになるのは覚悟したほうがいいです。

恐らく、転職するのにそれくらいの時間はかかります。

どの業種を狙えばいいのか??

40代が転職する場合、狙いどころは大きく分けて二つ。
それは「誰もやりたがらない仕事」もしくは「専門性の高い仕事」のどちらかです。

理屈は単純。人がいないからです。
残念ながら技術0でめちゃくちゃ待遇のいい企業に入るのは非常に困難です。
技術がないという自覚があるのならば、だれもやりたがらない仕事をするしかありません。

40代でもOKな業界

  • 介護職
  • タクシードライバー
  • トラック運転手
  • 清掃員
  • 警備
  • 飲食業

基本的にスキルを必要としない業界ですね。

この辺の業界は40代でも積極的に採用しています。
共通しているのは若年層に不人気な業界という部分です。

不人気で人手が足りないからこそ需要が増えています。

絶対に転職をすると決めたら諦めないこと、プライドを捨てること

40代以降の転職で重要なことは大きく分けて二つ。
それは「絶対に諦めないこと」、「プライドを捨てること」です。

はっきり言って苦難の道ですが、人生なんて言ってしまえば苦難ばかり。そうやすやすとうまくいきません。

この苦難を自分なりに楽しむくらいの気持ちで諦めず、自分と向き合って本気で転職活動をすれば40代だろうが、50代だろうが
採用してくれるところはどこかしらあります。

「諦めなければ何でもできる」なんて言葉は全く好きではありませんが、自分なりに工夫し、頭を使いながら粘り強く転職活動を続けていけばそれなりの確率で
採用してもらえるのも事実です。

またプライドも捨てましょう。
大手企業で管理職にもかかわらず、病気で仕事を辞めた、ストレスで仕事を辞めた、という人もいます。

ある程度の業界知識が豊富でスキルがあれば、同業界の大手に就職できる可能性もありますが、それでも厳しい場合もあります。

そういう人はこれまで役員という立場だったからこそ、今より地位の低く給料の安い職種に就くことに抵抗を持つ方も多いかもしれません。
しかし、生きていくためにプライドうを捨てることを受け入れることも重要です。

転職活動を諦めずに続けていきましょう。

【追記】

40代の転職は非常に難しい部分もありますが、知恵と経験を使い上手く考えながら通り組んでいけば、充分可能です。
実際に、Twitterで40代で転職している人を探しました。

Twitterで40代の転職について厳しいことも書かれていましたが、一部、前向きな意見もありました。
やはり、共通しているのは「会社で生かせる技術があるかどうか」という部分です。

もしくは「誰も付きたがらない職業」ですね。

 

DODAを使って転職活動をしよう

当サイトでもオススメしている転職エージェントのDODAは非公開案件から人手の足りない案件まで幅広く兼ね揃えています。

エージェントの担当の方も悩みを聞いてくれたり、真摯になって向き合ってサポートしてくれるので、40代の方に対してもおすすめの転職エージェントとなっております。

DODAは非公開案件を多数抱えた転職エージェント。

フリーターや第2新卒からまで対応している。

また業界最大数の求人(全国100000件)があるため、今の自分の身の丈に合った企業から年収の高い大企業まで
様々な求人をそろえているのが特徴です。

DODAの公式サイトはこちら

DODA限定の求人も多く抱えている。

まとめ

現実はなかなか厳しい面もありますが、変なプライドを持たなければ40代でもできる職業なんてたくさんあります。

転職活動、就職活動は孤独ではありますが、転職エージェントの方に支えてもらうなり、家族に悩みを聞いてもらうなりして自分の納得のいく転職をしましょう。

テストマン