「正社員で働きたい」
そう思っても、なかなか正規雇用でコレといった仕事は見つかりませんよね。
就職活動のつらさを感じているのではないでしょうか。

無職間が長ければ生活も困ったことになってきます。
けれど、アルバイト・パートの非正規雇用で働くのは少し不安……
では、「契約社員」という働き方はどうでしょうか?

契約社員について知っておこう

はじめに、契約社員について知っておきましょう。

契約社員は一般に、有期雇用契約を結んだ社員のことです。
有期雇用契約とは、契約期間が決まっている雇用契約のことで、1ヶ月契約・3ヶ月契約・6ヶ月契約などがあります。

(出典:さまざまな雇用形態/厚生労働省

シンプルに言うと、契約社員とは働く期間が定められている労働者のことです。
「期間が定められていると、また次の会社を探すのが大変なのでは?」
と思いますが、企業からの申し出と雇用者の意向……つまり
お互いが納得すれば「契約更新」をして働き続けることが可能です。

携帯会社の「更新期間」を思い浮かべるとわかりやすいかもしれませんね。

契約社員のハードルが低い理由は企業の負担金が少ないから

さて、今回のタイトルにもなっている
「フリーターから契約社員はハードルが低い!?」理由について
お伝えしていきましょう。

契約社員のハードルの低さは、ズバリ企業のコスト(金銭)面にあります。
さきほど、「契約社員は雇用の期間が定められている」と述べたのを
覚えていますか?

「契約社員」は必要に応じて求人募集を出し、雇用契約を結ぶスタイルが可能です。
したがって「必要なときだけ雇う→不要な期間は雇わない=人件費削減」
が成り立ちます。
言い方は悪いですが契約社員は企業にとって「融通の効く、便利な人」といったところですね。

ですので、正社員の正規雇用に比べて契約社員の募集が多く、ハードルが低くなっているのです。

契約社員の違いは?アルバイトとはどう違う?

 

契約社員について理解できましたか?
では、契約社員の待遇面について知っておきましょう。

正社員と待遇が変わらない会社もある

なんと言っても、契約社員になるメリットは賃金面。
アルバイト・パート雇用では「時給制」で働いていたのが「月給制」に変化します。

これまで、アルバイト・パートで働いて来たなかで、
連休や急な休みをもらったばかりに、お財布の中が寂しくなってしまったことはありませんか?

時給制の労働は「稼いだら稼いだだけ」お金が入ってきますが
休んだらそれだけの期間、もらえるお金が減ります。

けれど、契約社員の給与形態は「月給制」です。
月給制では「月にもらえるお金」が決まっているので、
手取りがガクっと減ることはありません。

 

契約社員になることで福利厚生がついているのも大きなメリットです。

・ 病気になったときに使う保険証(社会保険)
・ 失業したときに手当がもらえる保険(雇用保険)

この2つがあるのとないのとでは、金銭面で大きく違ってきます。

ガッツリ責任のある「正社員」とは違い、契約社員はあまり会社に
縛られないのも大きな特徴といえるでしょう。
たとえば、残業・休日出勤は正社員に比べて比較的少なくなっています。

この時間を利用して本業とは別に、メインとなるお仕事「複業」を持って働きたいという人にも契約社員の気軽さは魅力的です。

名ばかり契約社員になってしまうケースもあり

これまで、契約社員のメリットをご紹介しましたが、
契約社員のデメリットもあります。
まずは、以下のツイートをご覧ください。

 

どうでしょうか。
「名ばかりだけの契約社員」というパターンになることもあります。
社員と同等の仕事、もしくはそれ以上のことをお給料の面でボーナスがでないのでやはり不安は高まりますよね。

このほかにも仕事上、とっておいた方がいい資格があるのに
正社員は全額支給・契約社員は自腹というケースもあります。

 

契約社員で入社して、正社員を目指す方法もあり

これまでご紹介してきた契約社員の特徴をまとめます。

・労働の期間は更新される可能性がある
・時給制で働くので生活が安定する

以上が契約社員の大きな特徴です。

しかし、契約社員になるメリットはほかにもあります。
実は、契約社員から正社員になれるパターンがあるんです。
実際に筆者の知り合いは契約社員スタートして正社員雇用へステップアップしています。

今まで、アルバイトや派遣で働いてきた人だったので参考までに
「どうやって正社員になったのか?」と聞いてみたところ
「正社員だった人が、辞めた」といっていました。
いわば、「ワク」があいたので「正社員の椅子」に座れたカタチですね。

契約社員から正社員雇用になった人は、世の中に結構います。

やはり「事前に確認しておくこと」が重要です。
人件費を削りたいから契約社員で雇用している企業と
契約社員で人を育ててから正社員雇用として迎えたい企業では
考えが違うのは理解できますよね?

契約社員を通して、いずれは正社員として働きたい気持ちがあるなら
きちんと正社員雇用制度が整っている企業なのか、確認をしておきましょう。

 

 まとめ

もし現在、あなたが今ひとまずの仕事を探しているのなら
「契約社員」からの働き方もアリです。
賃金面や福利厚生がシッカリしているのでアルバイト・パートと比べたときに生活面がかなり楽になります。

行きたい業種があるけれど、正社員はなかなかハードルが高い
という人はまず、契約社員から入り経験を積んでいきましょう。

→フリーター向け就職エージェント徹底比較!おすすめはこれだ!