me_biz20160902112315_tp_v

ニートをしていて家に引きこもっている時間が長いと、体力や気力も衰えてしまいますよね。

せっかく正社員の仕事に就職できたのに疲れてしまって体力的に合わず、再びニートに逆戻り。

そんなことを繰り返していたらニート生活から抜け出すことが難しくなってしまいます。

そこで今回はニートから脱出!一番楽に働ける仕事は何かについて紹介します。

関連:給料が高い仕事は??
スクリーンショット_072916_113422_AM

ただ、一概に楽な仕事とはいっても人によって異なります。

精神的に楽な仕事、肉体的に楽な仕事、人とコミュニケーションを取らなくても良いという意味で楽な仕事など様々です。

関連:ニート、フリーターが取得しておくべき資格は??

そこで、今回はタイプ別に楽な仕事をピックアップしてみました。

人間関係がないから楽な仕事

トラック運転手

どうしても長時間労働になりがちな業種ですが、人間関係がほとんどないのがうれしいところ。

人によっては「事故リスクが高い上に給料が安く退屈な職業」ですが、ある人から見れば「人と関わらなくて良い、ただ運転だけしていればいい楽な仕事」と人によってとらえ方が変わってくるちょっと特殊な職業。

農業

人と関わることがなく、かある程度自分のペースで仕事ができるので、マイペースに人と極力関わらないで行きたい人にオススメの職業。

ただし、自然災害や時期などで売り上げが大きく変動するのがややネックなところか。

WEBライター

会社勤めをする必要がなくできるのが、フリーのWEBライター。

クラウドワークスやランサーズといったクラウドソーシング経由でお仕事をすることができるので、割とフリーターに向いている。

プログラマー

自分で勉強してプログラムを打てるようになるのは大変だが、IT系のベンチャーで3年ほど経験を積んでから独立して
フリーのプログラマーになるのはあり。

フリーになれば人と関わらずに済む。

配達員

長期的な人間関係は少なく、ほとんど配達先のお客さんとのやり取りのみ。

人によっては「力仕事の代表格」ということで、やりたくないという人も多いが向いている人には向いているはず。

マイペースで働ける楽な仕事

清掃の仕事

ニートをしている期間が長いと人と接することが嫌になる人も多いです。

また働いている所を見られたくない、自分のペースで仕事をしたいと思う人も多いですよね。

そんな人にお勧めな楽な仕事は清掃です。

ビルやスーパー、パチンコ店等のトイレや床等の掃除を行います。

慣れるまでちょっと重労働に感じて大変かもしれませんが、体力的な面だけで後は慣れてしまえば楽なもんです。

ノルマもないし、怒られることもない、資格や経験もいらないのですぐに就職することができますよ。

仕事が複雑になるということもなく、業務内容や手順はほぼ一緒なので覚えやすいということも楽な理由の1つですね。

正社員だと月収13万円~20万円程度貰えます。

また働いている所を見られたくない人は深夜や早朝の清掃作業員になると誰もいない時に清掃の仕事をするので周りの目を気にする必要はありません。

お正月やお盆等の皆が休みの日に働かなければいけない場所が多く、トイレなんかは決してキレイな仕事とは言えませんが、人と話すこともしなくて良いので黙々と働くことができます。

自分のペースで黙々と働ける工場勤務

ニートの人は人と接したり人に合わせることが少なかったため、なかなか企業のペースに合わせることが大変と感じてしまいます。

工場勤務は最初こそ先輩の指導のもと製造や組み立ての仕方を習っていきますが、使用期間さえ終わってしまえば1人で業務をこなすことになります。

会話もしなくて良いし、仕事内容も同じことの繰り返しなので覚えやすいですね。

工場勤務と言っても色々な業務内容があります。

例えば自動車や家電製品の組み立てや部品製造、パン工場等で食品を加工したり検品作業をしたりします。

工場勤務の中で給料が良いのはなんといっても自動車工場ですね。

大体平均して給料は20万円~30万円になります。

正社員になると昇給もあるので給料は年齢とともに上がっていきます。

かの有名なトヨタの工場だと40代で年収740万円だそうです。

工場勤務はボーナスが出る企業が多いのでそれもまた楽しみの1つになりますね。

夜勤もあって交代制の場所が多いので体力はかなり必要とするし、目標の個数を決まった時間に作らなければいけませんが、営業等のノルマとは違って契約がとれないから休日も出勤、深夜まで働く…なんてこともありません。

ペースとコツさえ掴んでしまえば楽な仕事と言えましょう。

タクシー運転手

最近、新卒に人気になってきているタクシー運転手。

給与は歩合制なので、工夫次第でいくらでもお金を得ることができます。

サボりたければいくらでもさぼることができ、稼ぎたければ稼ぐことができるのがこの職業の醍醐味。

事務職

ノルマや営業をする必要がなく、まったり働くことができる。

成績に追われたくない人にオススメ。

勤務日数や勤務時間が少なくて楽

勤務日数が少ない警備員

警備員は工事の現場で車を誘導したり、イベントがスムーズに進むように誘導したり施設を周って警備をする仕事です。

不審者や怪しい人がいて戦わなければいけないということは滅多にありません。

ほとんど誘導と見回りで終わります。

無資格で誰でも働けるうえに現場がない場合はほとんどが休みになります。

ニートから正社員の仕事についてフルで一生懸命働くと体が慣れなくて非常に辛く感じますね。

警備員は仕事が少ないし、ただ立っていることが多いので若い人なんかにはかなり楽と感じるようですね。

どの年齢になっても大体月収は300万円程度です。

給料はそんなに高くないですが、ハードに動く仕事ではないので楽だと言えましょう。
参照:工場勤務の年収

監視室で見ている業務中心、ビルのメンテナンス

ニートの人がやりたいと思っている仕事NO1とも言えるのはビルのメンテナンスです。

ビルの監視室で主に監視カメラを見ながら1日を過ごします。

修繕作業や見回り、電気やクーラー、ボイラーの管理を行います。

ビルのメンテナンスはほとんど椅子に座って過ごすので体力もいらないし、何かあった時だけ人と話すので、コミュニケーションもいりません。

あまりに暇なのでスキマ時間に資格の勉強や雑誌を読んで過ごすと言う人もたくさんいます。

大体月収は15万円~20万円ですね。

ビルのメンテナンス管理をするなら無資格よりも電気主任技術者等の資格を取ると給料が30万円に上がったりします。

まる1日勤務等、勤務時間が長いのが特徴ですが、その分休日もまとめて取れるし多いのでリフレッシュをすることができます。

例えば月の勤務が10日で残りは全て休みとか、2日働いて2日休みなんて所もあります。

ただ黙っているのが苦痛に感じる人にとっては大変な職場かもしれませんが、元々家に居てゆっくりしていたニートの人からすると仕事をするということに慣れるためにもぴったりな職場と言えましょう。

ニートから脱出したい場合は、こういった楽に感じる仕事で体を慣らしていくことをお勧めします。

転職、就職するならDODAがおすすめ

DODAは非公開案件を多数抱えた転職エージェント。

フリーターや第2新卒からまで対応している。

また業界最大数の求人(全国100000件)があるため、今の自分の身の丈に合った企業から年収の高い大企業まで
様々な求人をそろえているのが特徴です。

DODAの公式サイトはこちら

DODA限定の求人も多く抱えています。

まとめ

人によって「楽な仕事」の定義は異なります。
あなたにとっての「楽な仕事」を探すことをお勧めします。

 

 

→フリーター向け就職エージェント徹底比較!おすすめはこれだ!