働くのが怖い!社会復帰するためにやるべきことは??

00_pp29_pp-thumb-autox1600-27003

学校での嫌な出来事に人間関係の疲れや中卒等の経歴、ブラック企業にハードワークで疲れると、そのままひきこもりやニート・フリーターになり「働くことがこわい」と思うことがあります。

実は当サイトの管理人であるケセラセラも引きこもりだった時期があります。

2年くらい引きこもっていましたが、異常なほど周りの目が気になったり、過去の友人と会いづらくなり一旦連絡を一切遮断したこともあります。

そんな私だからこそ、社会復帰をするのにどうやって始めていったらいいかということを書いていこうと思います。

フリーターが社会復帰する方法

「働くのが怖い」と思ってこの記事にたどり着いた方は、引きこもっていたり、前職で心がズタボロだったかもしれません。

そこで今回、フリーターが社会復帰するにあたって「徐々に外界と慣れていく」ということを目標にすることをお勧めします。

何故、あなたは社会復帰できないのか??

何故、社会復帰するのが怖いのか、働くのが怖いのかというと「トラウマ」があるからです。

人によってこのトラウマの内容が異なりますが、共通しているのは「人間関係」です。

怒られた経験、叱られた経験、失敗した経験、恥をかいた経験などなど。

これらの経験によって社会復帰ができないあなたは過敏に人目を気にし、人を嫌って、人付き合いを避けているのではないでしょうか?

どんな状況でも使える「ハードルを下げる」テクニック

そこで、社会復帰するためにおすすめの考え方は「ハードルを下げること」です。

あなたが人を嫌って人目を気にしてずっと家に引きこもっている状態で、いきなり転職サイトに登録し面接へいくのは、ガリガリな体なのに100kgのバーベルを持ち上げるようなものです。

無理した結果、「ボキッ」と精神の背骨が折れてしまう可能性があります。

そこでおすすめなのは「まずは外に出ること」です。

上記の例えでは100kgのバーベルを持ち上げたいなら、ハードルを極端に低くして徐々に負荷を与えてやればよいのです。

まずは人と話さなくてもいいから毎日外に出てみることです。

平日の昼に外に出るのが弾ましいのであれば、深夜徘徊してもいいと思います。

まずほんのちょっとでいいから「外界とかかわりを持つこと」を意識していくのがいいでしょう。

「さほど抵抗がなくできること」から始めて、少しずつ外界とのかかわりを持っていくことをお勧めします。

外に出ることができたら

「いきなり働く」というのは差がありすぎて対応できずに落ち込むことがあります。

そのため最初はコンビニやカフェなどの飲食店に通い人との生活に慣れるのがおすすめです。

とりあえず何も買わずにコンビニでジャンプを立ち読みするだけでもいいと思います。

カフェにいったら店員と話さなくてもいいです。

まずは「周りに人がいる」という雰囲気を味わえればOKです。

おすすめの書籍

引きこもりのための書籍というわけではないのですが、「最初は引きこもりだったけどナンパを通して社交的になっていった」という実話のストーリーの書籍があります。

「究極の男磨き道 ナンパ 」という書籍なのですが、この本を読んだときは衝撃でした笑

ナンパをする必要はありませんが、徐々に外界と接触を持つことの重要性がわかります。

参考書籍:究極の男磨き道 ナンパ

外に出られるようになったら次は「相談できる人」を探しましょう

会話をできる人、色々と相談ができる人に相談をすることによって、少しずつ「人との接触」をすることをおすすめします。(上記のナンパ本であればそこら辺にいる女の子が話し相手になります笑)

相談できる人はどこで探せばいいのかというと

この4つから探すことをおすすめします。

ただ、人によっては「友人がいない」「親と話したくない」という方も多いと思います。

その場合、必然的にハロワのスタッフもしくは転職エージェントのスタッフに相談することになります。

ハロワのスタッフは「ハイハイ」とお役所仕事感を丸出しの対応をしてくるので、転職エージェントの方がぶっちゃけ相談しやすいです。

どこの転職エージェントだと相談しやすい??

転職エージェントは就職支援のプロですが、あなたと相性の悪いエージェントや相性の悪い人は必ずいます。

フリーターの方であれば、相談しやすいのはハタラクティブのスタッフです。

また、既卒に特化しており、ハタラクティブ経由で上場企業に内定をするフリーターの方が多いみたいですね。

ハタラクティブの公式HPはこちら

また、DODAは求人案件が非常に多いので、DODAは登録しておいた方がいいでしょう。

全国10万件の求人案件があります。

DODAの公式サイトはこちら

まとめ

まずは「ハードルを低くして活動していくこと」がおすすめです。

いきなり就活はつらいでしょう。

徐々に人との接触を増やしていけば段々と社会復帰ができます。

また転職エージェントは100%使いこなせればかなり有利です。

是非、使ってみましょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ