大学院前期課程に落ちた!就職するか院試浪人をするべきか??

学歴ロンダをしたり、研究職を目指して大学院に進学しようとするも、大学によりますが1~2割くらいは落ちます。

その際に、「院試浪人をするか、就職するか」この2択を選ばなければならなくなります。

そこで、今回は院試浪人をするべきか、就職するべきかということについて話していきたいと思います。

院浪して大学院に進学するのは就職に不利??

結論から言うと、新卒の就活の際に「不利」とみなされがちです。

現役で進めば、研究職につける可能性が高くなるだけではなく、幅広い職種で就活に有利になります。

特に東大、東工大のような国立の大学院に行ければ(いわゆる学歴ロンダリング)商社や外資系コンサルなどのトップクラスの年収を誇る超有名企業に内定を貰える可能性も高いです。

一方で、大学院浪人した学生に対しては非常に厳しい判断がされます。

高校卒業→浪人→大学入学 この際の浪人は就活時にさほど問題はありませんが、大学院浪人→修士 この時の浪人は面接時に相当突っ込まれます。

企業にもよりますが「学部現役」と「院浪+修士」の評価はどちらが上かというと、修士のときにどういう研究をしていたのかにもよりますが、「学部現役」の方をより評価する企業の方が思った以上に多いです。

しっかりと浪人に至った正当な理由を応えられないのであれば間違いなく不利になりますね。

また就活時に不利になるだけでなく、もし大学に残って研究生として1年を過ごす場合、留年扱いになり学費が半端なくかかりますので家の経済状況がよろしく無い方にはキツイかもしれません。

大学院に進学するメリット、デメリットは??

大学院に進学するメリット、デメリットを考えたうえで、メリットがあるならそこで初めて院試浪人をおすすめします。

大学院に進学するメリット

その人が大学院をどうとらえているのかによってメリットは変わりますが、大きく分けて3点あります。

それは

  • 研究職や特殊な就職先に就ける可能性が高くなる
  • 就職に有利になる
  • 初任給が高くなる(平均給与も高くなる)

この3点です。

研究職や特殊な就職先に就ける可能性が高くなる

〇〇総研系企業の研究職に就くことができたり、医薬系の大学院であれば確実に手に職が就く仕事に就くことができます。

もし、元々、そういった「普通では就職できない仕事に就きたい」のであれば浪人してでも大学院の進学をおすすめします。

就職に有利になる

上記の「特殊な企業」以外の就職も有利になります。

特に大手総合商社や外資系コンサル、メーカー、ITコンサル等、大手企業のどの職種も大学院生はウェルカム状態です。

なんせ、理系の大学院生は能力が高く、非常に優秀な人の割合が多いですからね。
企業側も理系院生を求めています。

ただし、もし院試浪人をした場合、このメリットはガクンと落ちます。

何故なら、院試に落ちた時点で評価が一気に下がるからです。

正直、学部の新卒と対して変わらない評価、最悪、学部新卒より悪い評価・イメージを与えます。

初任給が高くなる

これは嬉しいメリットです。

大学院卒は初任給が高くなり、かつ平均年収も高い傾向にあります。

参考:生涯賃金、大学院卒は学部卒より高額–年収差は最大312万円

ただし、このデータは鵜呑みにしないほうがいいです。

何故なら「大学院卒【だから】年収が高くなる」のではなく「大学院に進学するような人は意識が高く、能力も高い故に年収が高くなる傾向がある」というデータかもしれないからです。

この統計の背景はどうなっているのか、具体的な調査はありませんが、企業側の視点に立てば「大学院だから賃金を高くする」という甘い考えをするはずがありません。

確かに大学院の方が初任給が高い傾向にありますが、最終的に年収が高くなるのは結果を残した人です。

よって平均年収という観点で踊らされないほうがいいです。

大学院に進学するデメリット

大学院に進むことで企業へ就職する期間も延びます。

その間には同年代の人達は着々と仕事を身につけてキャリアを積んでいます。

大学院の3年間(院浪1年+大学院2年)の間に同級生はどんどん社会人として成長するのを尻目に黙々と研究を進めるのはつらいものがあります。

もし自分が望んで研究したくて大学院に進学したのであればそれは幸せかもしれませんが、「就職のため」とか「モラトリアムを延長するため」であれば結構つらいのでその点は気を付けたほうがいいです。

特に院試浪人をする場合は、学部の同期と1年遅れるため色んなプレッシャーがかかるので院進学はよく考えたほうがいいでしょう。

医師薬系でないならば院試浪人は控えたほうがいい

絶対に大学院に行ったほうがいい学部もあります。

それは医学・薬学・獣医学部などの専門性が高く、資格がなければ働くことができない学部です。

これらの学部は「資格」と「技術」が全てなので、何浪してでも大学院に進学する価値があります。

しかし、問題はそれ以外の学部。

文系の大学院で院浪は本当に辞めたほうがいいことは当然のこと、理系でも工学部・理学部の場合、院浪する価値があるのかどうかをよく考えたほうがいいです。

新興ベンチャーや外資系の一部の企業は院浪でも院で培ったものを評価してくれる傾向はありますが、日系大手企業は「院に行くのに浪人してるの??ダメでしょw」といった態度です。

院浪しても受かるとは限らないのが現実

そして大学院には毎年多くの人が受験します。

年齢で合否が変わることはないですが、大学院卒業後の就活で無駄に年齢を重ねていった人は、就活時に非常に厳しい立場に置かれることは間違いありません。

また自分が通っている偏差値関係なく、どこの大学院でも目指すことができるのが大学院の魅力ですが、適当にやって適当に受かるほど甘い世界ではありません。

知名度の低い大学の大学院なら、受かるかもしれませんが、知名度の高い旧帝大クラスの大学の大学院はその大学の学生がエレベーター式で入学してくるだけではなく、

全国の優秀な大学生が試験を経て入学してきます。

入試に突破するのも大変ですが、何より、入学後にそういった優秀な学生と研究していくことになります。

院試浪人するレベルの人が果たして内部のエスカレーターで上がってくる優秀な人についていけるのか、疑問ですよね。

院浪を辞めて就職するのも一つの手段です。

大学院への進学は本当に勉強したい人がいる一方で、みんなが受けるからというあやふやな理由もよくみられます。

確かに就活に有利になったり、学歴コンプレックスを払しょくできる人もいますが、一応2年間という期間は貴重です。

大学院では特にやりたいことがなく、ブランドを手に入れるような軽い気持ちで行くなら、あんまりお勧めできません。

下手に院浪をするよりは、個人的にはさっさと就職したほうがいいのでは??と思いますけどね。

院浪→就活する際にオススメしたい就活方法は??

就職課

就職課ではその大学の人を求めている求人が豊富にある一方で、多くの学生が受けるため採用率は低くなるデメリットがあります。

ハローワーク

ハローワークでは地元企業の求人を多くもつ一方で、わざわざ行っても相談までに待ち時間がかかったり、相性の悪い人にあたることで肝心なことがなかなか聞けず時間だけが過ぎてしまうことがあります。他にもブラック企業のフィルターが無く、就職しようか悩んでいる時に頑張って就職活動をして誤ってブラック企業に入ってしまった時の落込みはとても大きいです。

転職エージェント

転職エージェントでは、自分に合った仕事を紹介してくれるほか、狙いやすい企業もピンポイントで教えてくれることがあります。

時には相性の悪いエージェントやキャリアの方もいますが、複数の転職エージェントに登録して多くの人に相談できれば相性の良いエージェントやキャリアの人も見つかり、学歴・職歴フィルターを見極めた効率のいい対策を提案してくれます。

そのため就職するか悩むときには転職エージェントのキャリアのプロに相談することから始めましょう。

院試浪人→就職する方にお勧めの転職エージェントは??

DODAは非公開案件を多数抱えた転職エージェント。

フリーターや第2新卒からまで対応している。

また業界最大数の求人(全国100000件)があるため、今の自分の身の丈に合った企業から年収の高い大企業まで

様々な求人をそろえているのが特徴です。

DODAの公式サイトはこちら

DODA限定の求人も多く抱えている。

ハタラクティブは既卒、フリーター向けの転職エージェントとなっており、フリーターの就職ノウハウについて精通しています。

また、既卒に特化しているにもかかわらず、ハタラクティブ経由での就職先の半分が上場企業という優良転職エージェントです。

もし大学院の試験に落ちてフリーターの状態ならハタラクティブをおすすめします。

ハタラクティブの公式HPはこちら

まとめ

院浪を選んだ人に対して、もう一度大学院に進学する意義を考え直してほしいです。

本当にその選択は2年間の無駄にならないのか??

就活したほうがいいのか??

よく考えてから院試を受けることをおすすめします。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ